パッソな生活
◇スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
◇子供を踏む獅子
 先日ハスの花を撮影した燕趙園の中国獅子。

中国獅子

 オスは手毬をメスは子供を踏んづけている。本当は踏んづけているのではなくあやしているのだと思うが、庭園の説明ではそうなっていた(笑)。

 ところで獅子からライオンに連想がシフトするのだが、獅子は千尋の谷に子供を突き落とし這い上がってくる子を育てるという。

 一方虎は我が子を非常に可愛がりいつも傍においておくそうだ。「虎の子」の所以である。

 親子に関するいろいろややこしい事件が発生しているこの頃。どちらの育て方が正しいのだろう。いや、どちらがという"決め付けたがり"がすでに間違っているのかもしれない。
| passo | 考察 | 10:36 | comments(1) | trackbacks(0) |
◇スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 10:36 | - | - |
"千尋"はこの場合"ちひろ"じゃなく"せんじん"と読んでください。
| passo | 2008/08/02 11:31 AM |










http://passo.jugem.cc/trackback/366


▼検索窓
楽天で探す
楽天市場




このページの先頭へ