パッソな生活
◇スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
◇ポリリズムを試してみる
 さて、私は音楽知識にうといので、何分の何拍子などと難しいことは考えず同じ長さの音符に違う拍子をつけるという考え方をしてみた。いきなりハズしているかもしれないが。

 音はMuseというフリーソフトで作成し、データはMIDIである。

 2拍と3拍のリズム
A ●−●−●−●−●−●−●−●
B ●−−●−−●−−●−−●−−
MIDIデータ

 3拍と4拍のリズム
A ●−−●−−●−−●−−●−−
B ●−−−●−−−●−−−●−−−
MIDIデータ

 これをみると二つのパートの拍の最小公倍数ごとにリズムが一致する。この適当な長さのところでリズムが一致することで音楽性が感じられるわけで、長いスパンだとリズム感を感じられなくなるだろう。

 ポリリズムの概念が無ければ不思議なアイデアのリズムだなと思える。

Muse (VECTORサイト)
| passo | 考察 | 10:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
◇スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 10:06 | - | - |









http://passo.jugem.cc/trackback/361


▼検索窓
楽天で探す
楽天市場




このページの先頭へ