パッソな生活
◇スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
◇ライトプレーンを作る
 先日一緒に呑んでいた知人からライトプレーンをもらった。

ライトプレーン

 うひゃー懐かしい。昭和30年〜40年代の人なら作った人は沢山いるだろう。

 竹ひごの羽根に紙を貼って、プラスチックのプロペラをゴムで回すあの飛行機だ。

 妻に懐かしいだろと聞いてみたら、女の子も作っていたそうだ。

 手に取るのは何年ぶりだろう。それこそ40年ぶりか。

 今回の飛行機はヨシダ製「スーパーアロー」というもの。価格は…聞いてない。


 竹ひごはあらかた曲げてあるがそのままでは使えないので、図面と合わせながらローソクであぶって、折らないようゆっくりと曲げていく。

ライトプレーン

  竹ひごの先はニューム管に入れるために先を削っておかなければならないが、私は炎でちょっと焼く。

 竹ひご同士をニューム管でつなぐ。このとき使うのが木工ボンド(添付されている)。ニューム管は金属だから今どきもっといい接着剤があるだろうが、ここはオリジナルを尊重してそれを使うことにする。

 乾燥するまで輪ゴムで固定しておく。

ライトプレーン

 本日の作業はここまで。どうせ急いでも明日も雨だろうから。飛ばすのなら青空がいい。

 ※しかし今さらなのだけど、私は大人になったと思う。

 子どもの頃、ライトプレーンやプラモデルなど作り始めたら完成するまで止まらなかった。食事も寝るのも勿体無くてひたすら完成に向けて突っ走ったものだ。

 今は区切りをつけることが出来る。途中で手を休めて「紙を貼る前にここをもう少し補強しておこう」などと検討する時間を持てるようになった。酒を呑みながら手にとってニヤリとしたり。…そんな程度の大人の実感・大人の時間。
| passo | 工作 | 11:04 | comments(0) | - |
◇ペーパークラフトその後
ペーパークラフト:招き猫

 ビデオ編集の時に始めた"月球儀"はその後ほとんどを娘が作り見事完成。(写真右上)

 調子に乗った娘はさらにネットで"招き猫"を見つけ制作。完成したら24cmの大きさになった。(写真右下)

 写真左上の青いヤツは見る人に顔を向けてくる"ドラゴン"。

 左下の赤いのは"テルミン"でペーパークラフトではありません。

【関連リンク】
月球儀 http://www.nao.ac.jp/download/index.html
招き猫 http://cp.c-ij.com/ja/contents/2022/list_15_1.html
ドラゴン http://s.luna.tv/search.aspx?q=Dragon+Illusion&d=&s=0&gl=jp&hl=ja
テルミン 大人の科学マガジン テルミン
| passo | 工作 | 11:17 | comments(0) | trackbacks(0) |
◇ビデオ編集とペーパークラフト
 もはや私にとって季節のイベントとなってしまったが、今年もビデオ編集の時期がやってきた。

 ソースがDVテープだからキャプチャ(ビデオの取り込み)にやたら時間がかかる。ドラッグ&ドロップというわけにはいかない。30分のテープはキャプチャに30分費やす。今回預かったテープは80分と60分タイプで合わせて11本。はぁ〜 ^^;

 キャプチャ作業の間、他の事たとえばインターネットなどすることは出来ない。キャプチャするソフトは全身全霊をかけて作業しているので、他のソフトにフォーカスが移動した瞬間作業を止めてしまうのだ。

 だからパソコンを前に何もすることが無い。…なので時間つぶしとして昨年と同様ペーパークラフトでもやってみようと思い立った。

 今回は月球儀。20ピースが同じ形なのでひたすら同じ作業を繰り返すことになる。果たして完成するか? <ってビデオ編集から完全に逃避モード(笑)

ペーパークラフト:月球儀
| passo | 工作 | 19:31 | comments(0) | trackbacks(0) |
◇ペーパークラフトに挑戦
 ずっと前からペーパークラフトが好きで、時々無料のデータをダウンロードして製作していた。
 そのうち自分でデザインできたらどんなにいいだろうと思うようになった。

 サイコロだったらなんとかモノサシでも展開図が描けそうだ。いや2次元CADもやっているから結構楽勝な気がする。それでものりしろ部分の作成など面倒くさい。

 円柱はどうか。これもなんとかなりそうだが円周率も絡んでくる。円周率=3などとアバウトな教育を受けた子供たちは製作段階で微妙に苦労するだろう(笑)。

 円柱をスパッと斜めにカットした図形はどうか。戦国時代敵を迎え撃つために、竹薮の竹の根元を残し斜めにカットしたそうだが想像するだけでぞっとするね。いや、そんな物騒な例をとりあげなくても正月飾りがあったか。あんな代物の展開図を設計しようと思うだけで気が萎える。

 で、ペーパークラフト用のソフトを手に入れた。ペパクラデザイナー2というものである。

 同梱されている3DCAD(六角大王)でオブジェクトを作りペパクラデザイナーに送り込むと、なんと自動で展開図を作成してくれるのだ。勿論のりしろ部分もね。

ペーパークラフト

 私は六角大王に不慣れなので、マイ3DCADであるShadeで作図しコンバータとして六角大王を通してペパクラデザイナーに送り込んだ。のりしろで変な部分もあるけど、使い始めて2日目なのでどう修正するのかよくわからない(^^;

ペーパークラフト

 へー。円柱を斜めにカットした辺はサイン波(のようなもの?)になるのか。驚きである。数学の勉強になるね。

 色付けして竹風の容器を作ってみた。

ペーパークラフト

 いずれはガンダム風のロボット&モビルスーツや昭和40年代の家屋、昆虫や野鳥など製作してみたいと夢が膨らむのである。

ペパクラデザイナー(楽天)
| passo | 工作 | 12:34 | comments(0) | trackbacks(1) |


▼検索窓
楽天で探す
楽天市場




このページの先頭へ